» コンセプト

ナベノ-イズム

私の家の家紋が渡辺星といいます。

三つの丸は三ツ星と呼ばれる物ですが別名「三団子」とも言い、神に備える大切な物とされていて中国では将軍星と呼ばれるオリオン座の三ツ星を指しています。

その三ツ星の下の「一」は「勝つ」と言う意味がある為その二つを合わせて「戦に勝つ」という意味合いで作られた家紋だそうです、私自身のこの家紋を見た時のイメージは皿の上に三ツ星を盛り付けた様に見え、身の引き締まる思いと共に星は永遠の憧れとして意識し続け追い続けたいと考えロゴマークと致しました。

店名のナベノ-イズムのナベノには私のあだ名のなべシェフからとり、イズムには特有な主義・流儀・傾向などの意を表し、私が今まで修業、取得してきた料理人生理念を込め、造語とさせて頂きました。

28年前に卒業した私の母校、辻調理師専門学校創始者の辻静雄校長先生が浅草の地に眠っております。この地浅草駒形に導かれたのも私の運命と考えております。

「Nabeno-Ism」ナベノ-イズム、Nを隠すと「abeno-Ism」アベノイズム、すなわち辻調グループ本拠地であり、私が料理人として産み落とされた大河の源流、大阪阿倍野を表しております、私の料理イズムの原点である聖地あべのを常に心に刻み、初志貫徹の気持ちを忘れず、更に進化進歩精 進していくために店名に組み込ませて頂きました。

辻静雄校長先生が約40年前に命を削ってまで日本にもたらし、浸透させたフランス料理の本流、定義、伝統を守り更に進化させ、日本人の感性で表現し、自分らしく楽しく美味しい料理を創り浅草駒形という土地と融合させお客様をおもてなししていきたいと考えております。

ナベノ-イズム

渡辺 雄一郎
WATANABE YUICHIRO

エグゼクティブシェフCEO
1988年

大阪あべの辻調理師専門学校卒業後、同校フランス校シャトー ド レクレールに進学
同年秋よりミシュランの2ツ星 クールシュヴェル、サントロペ「ル・シャビシュー」「ラ プロポ」にて研修。

1989年~

東京「ル・マエストロ・ポール・ボキューズ・トーキョー」に勤務。1991年~渡仏。
リヨンの1ツ星「ラ・テラス(シェ・アントナン)」にて1年半修業、魚料理部門シェフを勤める。

1993年~

東京「ル・マエストロ・ポール・ボキューズ・トーキョー」に復職、部門シェフ

1994年~

シャトーレストラン「タイユヴァン・ロブション」のオープンに携わり、96年にスー・シェフに就任。

1998年~

シャトーレストラン1F「カフェ・フランセ」のシェフに就任、山本益博氏のガイドブック「ダイブル」でスリーダイヤモンド獲得

2000年

南フランス ヴァンス ミシュラン2ツ星「ジャック マクシマン」にて研修

2004年

モナコ「ジョエル ロブションモンテカルロ」にて研修

2004年

12月より、シャトーレストラン「ジョエル・ロブション」のエグゼクティブシェフに就任。

2006年~

エスコフィエ協会会員、トックブランシュ国際倶楽部東日本地区委員。江戸ソバリエ取得。

2014年

辻調グループ校卒業生組織コンピトゥム副会長に就任
クラブ アトラス理事就任 2016年副会長に就任

2007年~

ミシュラン東京(2008)で3ツ星を獲得以降、2015年版まで9年間継続して3ツ星を獲得。

2015年 10月

21年間にわたり勤務(タイユバンロブション、カフェフランセ、ジョエルロブション)したロブショングループシャトーレストランを勇退

2016年 7月7日

東京浅草駒形 隅田川ほとりにて
レストラン Nabeno-Ismナベノ-イズムを開業

2016年

開業4ヶ月で【東京カレンダー】のレストラン・オブ・ザ・イヤー受賞

2016年

開業4ヶ月で【ミシュランガイド2017】にて一ツ星獲得

2016年

【ゴ・エ・ミヨ2017】にて、イノベーション賞受賞

2016年

【東京最高のレストラン2017】にて新規店として最高評価獲得

2016年

【ヒトサラ】にてベストシェフ&レストラン2016に選出

2016年

【料理王国】2017年 204人のシェフが選ぶベストシェフで第一位獲得

2016年

【食べログアワード2017】にてシルバー獲得